平凡だけど、笑顔で過ごせる毎日に感謝


by tan-tan17
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

久しぶりに韓国映画

c0219899_1931769.jpg
c0219899_1921171.jpg


立命館で開催された、韓国映画フェスティバルに行って来ました。
今年はソル、ギョングさんがフェスティバルにいらっしゃいました。
映画の中で観るより実際に拝見した方が若々しくて驚きました。
沢山、素敵な映画に出演されていますが、私は代表作の一つ 『ペパーミントキャンディー』だけ観て帰りました。
きっとこの映画は男性の方が好きな映画じゃないでしょうか?
帰リの電車でキム ヨンホ(ソル ギョング)の人生がどこから違っていったのか考えてしまいました。

ペパーミント・キャンディー [DVD]

アップリンク


[PR]
# by tan-tan17 | 2010-11-22 19:30 | 韓流

憧れ

c0219899_18373599.jpg
c0219899_1837685.jpg

先日お友達のお家にお邪魔させてもらいました。
いつ、お邪魔させて頂いても居心地の良いように、おもてなし
をしてくれて感謝です。
お家の雑貨を例のカメラでパチリ!!
インテリアセンスも抜群で年下ながら憧れの女性です。
[PR]
# by tan-tan17 | 2010-11-19 18:45 | 日常

デジカメちゃん

ソニー デジタル一眼α NEX-3 薄型広角レンズキット ホワイト NEX-3A/W

ソニー



始めて一眼レフのデジカメを買いました。
うれしくていつも鞄に入れて持ち歩いていますが,なかなか上手く撮れないですね。
今日も友だちのお家で可愛い雑貨や わんちゃんを撮影しましたが、 
思い描いている写真にはならないです。
写真って奥が深いです。
ブログにもたまに撮った写真をアップしていきますね。
[PR]
# by tan-tan17 | 2010-11-18 17:13 | 日常

ご無沙汰しております。

今晩は!!ホントにご無沙汰しておりました。スミマセン…はなでございます。

今日はケーキ教室の仲間のお宅に遊びに行って来ました。
セレブな高層マンションの最上階に住んでいる、Yちゃんのお宅でのランチ&お茶会でした。
私は皆と顏を合わせるのは約一年半ぶりでした。
少し緊張しつつ玄関の扉を開けると
以前と変わらない笑顔で皆は迎えてくれました。
久しぶりに合うMちゃん!Sちゃん!
もー!顏を見たとたん、喋る!喋る!教室の後に皆でランチをしていた時を思い出しました。
ケーキ教室を頑張っているYちゃん、有名店で働きながら自分のお店を持つ為に頑張っているMちゃん

可愛い息子ちゃんの子育てを楽しんでいるSちゃん。
皆それぞれ目標は違うけれど毎日生き生き過ごしている様子を聞いてリフレッシュして帰って来ました。   私もハングル頑張らねば!!

KitchenAid ミキサー ピンク KSM150-PK

KitchenAid

これほしい〜

スコア:


[PR]
# by tan-tan17 | 2010-11-15 23:39 | 日常

お久しぶりです。

こんばんは!!お久しぶりのはなです。今日は用事を済ませた後に大型書店をぶらぶらして来ました。

あっと言う間に一時間ぐらいたっちゃいますね〜
良い気分転換になりました。
買って帰った本がこちらです。
3月は韓国に行く予定があるので、この本をバックに忍ばせて
美味しいものを沢山頂いて
こようかしら〜
コウケンテツさんのセレクトならお店の味もまちがいなしですね!!

コウケンテツ 僕の大好きな、ソウルのおいしいお店 (アサヒオリジナル)

コウ ケンテツ / 朝日新聞出版


[PR]
# by tan-tan17 | 2010-03-01 21:56 |

今年も残りわずか・・・

こんばんは。
今年も残りわずかとなりました。
この1年皆様にとっては、どんな年だったでしょうか?

歳を重ねるにつれ、子どもの成長に伴い
一年一年がとても早く過ぎるようになりました。

来年は、はなとテヨンにとってどんな一年になるんだろう・・・
目の前のことをひとつずつ丁寧にやり過ごしていけたらよいと思っています。

皆様にとっても素敵なワクワクするような一年になりますように!!

少しずつの更新ではありますが、来年もよろしくお願いします003.gif

はなとテヨンからでした060.gif
[PR]
# by tan-tan17 | 2009-12-31 18:21 | 日常

ボクカノ




先日韓国映画の中でも好きな作品、「僕の彼女を紹介します」
が放送されていました。
いつもは字幕で映画を観るようにしているのですが、その日は日本語吹き替えで放送されていて
「なんだか、チョン ジヒョンちゃんとイメージが違うな〜」と思って観ておりました。
リモコンで音声切り替えボタンを押して韓国語のみで、一度映画を観てみようと…チャレンジするものの…

映画の中の話が分かると思ったのですが、さっぱり何を言っているのか分からなかったのです。
かれこれハングルを習い始めて2年が過ぎたので、もう少しチョン ジヒョンちゃんとチャン ヒョク君のテンポのいい会話などが頭に入ってくると思ったのですが、
気がついたら、途中でいびきをかいてうたた寝をしていました。

来年はもう少し勉強に力を入れてがんばらねば!!と思いました。

僕の彼女を紹介します 特別版 〈初回限定生産〉 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


[PR]
# by tan-tan17 | 2009-12-30 20:14 | 韓流

今晩は!!お久しぶりです。はなでございます。
皆さんは素敵なクリスマスを過ごされましたか?

こんな深夜にブログ更新しています。
クリスマスの夜にめちゃめちゃ素敵な番組が放送されていました。
「クリスマスの約束2009」です。

2001年から放送されていたなんて、今回まで知らなかったんです。
が、出会えて良かったと思える番組でした。
小田和正さんが沢山のアーティストの方に手紙で呼びかけて、総勢21組のアーティストが集結して、
一丸となってアーティストの代表作をメドレーしていくんですが、それは圧巻の大メドレーなんです。

テーマ曲の「この日のこと」から始まり
藤井フミヤさんの「TRUELOVE」
STARDUST REVUE さん「今夜だけきっと」
広瀬香美さん 「ロマンスの神様」
JUJUさん  「明日がくるなら」 

でまだまだ多数に方がメドレーされてて…
  
もちろんこの企画の中心人物
小田和正さんの「YES-YES-YES]

キマグレンさん  「LIFE」
Aqua Timez さん  「 虹」
スキマスイッチさん「全力少年」



最後は、いきものがかりさんの「帰りたくなったよ」など…(書ききれなくてごめんなさい)

だんだん観客の方もアーティストの方も心も身体も熱くなっていくのが画面からも伝わる迫力でした。
はなはキマグレンあたりから、お得意の号泣モードに突入してました。

こんな深夜にブログ更新してる訳は、そう!感動しすぎて寝れなくなってしまいました。
途中から急いでHDDに録画しましたが、今もブログを書きながら、3回も観てます。

また明日は寝坊してしまいそうですね。    だけど
歌は言葉を超えてしまう瞬間が観れて大満足です。


そうやって、黙って、嫌な事通り過ぎて
この先々生きていくんだろう
僕らの住む世界はいつもとてもウソだらけ
自分殺して 笑顔作ってる
泣きたくて 笑いたくて
ホントの自分 ガマンして伝わらなくて
君は誰のために生きてるの?

キマグレン 「LIFE」から
[PR]
# by tan-tan17 | 2009-12-26 04:10 | 日常

お蕎麦②

こんにちは。テヨンです。
昨日は今年最後の教室でした。
その後、マッサージ→お蕎麦と、テヨンの大好きなコースとなりました053.gif
30分コースのマッサージにしたのですが、ちょっと痛気持ちいい、という表現がぴったりなのです。
「あっ・・・痛くて駄目かも・・・力、緩めてもらおうかしらん・・・」と思いつつ
「やっぱ超気持ち良いかも・・・」に変わるから不思議010.gif

で、マッサージしてもらいながら、お蕎麦のことを考えていました。
いつもは、冷えてはいけないと思うから温かいのをいただくのですが、
今日は「ざるそば」と決めていました。
一番シンプルなメニューなのですが、お蕎麦の美味しいお店だとこの食し方が一番です!!

「ごちそうさまでした!」満足なテヨンです。

それから、すっかりクリスマスモードになっている百貨店をブラリして帰宅してきました。

そして、本日。
やっぱり、からだの調子が良いのです016.gif
お天気はヘンテコリンだけど今日も一日頑張りましょう!
[PR]
# by tan-tan17 | 2009-12-17 12:24

ブタがいた教室

こんばんは。テヨンです。

以前再放送で観た「オレンジデイズ」の妻夫木くんが
とても素敵だったので、「ブタがいた教室」を観ました。

妻夫木くんって私、好きでも嫌いでもなかったんです。
見た目、「ナヨナヨ」だしぃ~

でも「オレンジデイズ」の彼は、良かった!
役柄、そうだったのか、彼が演じたから良かったのか
私は、後者だと思います。

で「ブタがいた教室」

実際にあった話です。
新任の先生がこぶたを教室に連れていって
「一年間、世話をして卒業のときに食べよう」と子どもたちに言いました。


これは、子どもたちの演技が光っていました。
後で知ったのですが、現場には大人用と子ども用の脚本があって
子ども用の脚本の子どものセリフ部分は全部白紙だったそうです。

そう言われて思い返すと確かに子どもたちは、
演技をしていません。卒業式を控えて子どもたちは
「本当にPちゃん(ブタの名前)を食べるのか?それとも
Pちゃんを引き受けてくれるクラスがあれば、そこに委ねるのか?」
を何度も話し合うのですが、皆ちゃんと自分の気持ちを伝えようと一生懸命だし
心に残る言葉ばかりでした。

子どもたちの話し合いを聞いている先生役の妻夫木君の表情もとても良かったです。
結果、どうなったでしょう?興味のある方は、見てくださいね。
[PR]
# by tan-tan17 | 2009-12-12 21:23 | 日常